Firebird SQLリファレンス

 Firebird で使用できる SQL のリファレンス(日本語訳)です。現在での対応バージョンは1.5.1となっています。
 公開されている、InterBase6 SQL Statement and Function Reference の翻訳をベースに、リリースノートを参考に各バージョンで追加された機能に関して 修正・追加を行ってる場合もあります。
 内容に疑問がある場合や、未訳の構文に関しては、基となった資料を参照して下さい。
 Firebird の SQL は、発行方法などにより以下のような種類があります。

種類説明
SQL埋め込みSQL向け。プログラムソースに直接埋め込むためのもので、専用のプリプロセッサ(gpre)によりコンパイラ向けの変換を行います。
DSQL動的SQLです。プログラムにより動的に生成するSQL文で使用できます。
PSQLストアドプロシージャやトリガの記述で使用するSQLです。仕様・詳細に関してはCREATE PROCEDUREのプロシージャ・トリガ記述言語を参照して下さい。
isqlisqlで取り扱えるSQLです。


 随時追加予定です。また、このページは自由に追加、修正が可能ですので、有志による 内容の充実もどうぞお願いします。

データ型、キャラクタセット

 Firebirdで使用できるデータ型などに関する情報は、キャラクタセット・データ型・権限を参照して下さい。

SQL文:目的別インデックス

  • 既存データベース接続関係
    • CONNECT : データベースに接続
    • DISCONNECT : データベースから切断(埋め込みSQL向け)
    • SET DATABASE : データベースハンドルの宣言(埋め込みSQL向け)
    • SET NAMES : 接続時のキャラクタセット設定
  • 特権関係
    • CREATE ROLE : ロールを作成
    • DROP ROLE : ロールを削除
    • GRANT : 特権の付与、ロールにユーザーを追加
    • REVOKE : 特権の削除、ロールからユーザーを削除
  • トランザクション関係
    • COMMIT : 変更を反映してトランザクションを終了
    • RELEASE SAVEPOINT : 指定セーブポイントの削除
    • ROLLBACK : 変更を取り消してトランザクションを終了
    • SAVEPOINT : セーブポイントの作成
    • SET TRANSACTION : トランザクションの開始
  • ユーザー定義例外関係
    • ALTER EXCEPTION : 例外の変更
    • CREATE EXCEPTION : 例外の作成
    • DROP EXCEPTION : 例外の削除
    • ユーザー定義例外は、ストアドプロシージャやトリガで発生させます。 トリガで発生させることにより、独自に複雑な制約を作成することも出来ます。
  • データベースシャドウ関係
    • CREATE SHADOW : データベースのシャドウを作成
    • DROP SHADOW : データベースのシャドウを削除
    • 障害発生時のデータベースシャドウへの切り替えは、gfixコマンドで行います。 詳細に関してはCREATE SHADOWに補足してありますので そちらを参照して下さい。
  • イベントアラータ関係
    • EVENT INIT : イベント処理の初期化
    • EVENT WAIT : イベント発生の待ち合わせ
    • イベントのポストは、ストアドプロシージャまたはトリガで行います。
  • エラー処理関係
    • WHENEVER : エラー・警告のトラップ指定

組込み関数

 Firebirdは、リソース節約のためか、高度な機能は標準UDFやユーザーのUDFでやりましょうという設計思想のようで、標準の組込み関数は少なめです。また、ほとんどが標準SQL準拠となっています。

  • 組込み関数一覧?
    • 集計関数? : AVG(),COUNT(),MAX(),MIN(),SUM()など
    • 文字列関数? : SUBSTRING(), UPPER()など
    • 型変換関数? : CAST()
    • 時間関数? : CURRENT_DATE,CURRENT_TIME,CURRENT_TIMESTAMPなど
    • 数値関数? : GEN_ID(),EXTRACT()など
    • その他? : CURRENT_USER,CURRENT_ROLLなど

演算子と標準UDF

  • 演算子 : 式で使用できる演算子の一覧
  • 標準UDF : 標準で準備されているUDFの一覧(ユーザー定義関数)

SQLなどのエラーについて

 SQLやデータベースエンジンのエラーに関しては、Language Reference の Error Codes and Messages を参照して下さい。
 ダウンロードはこちら(のInterBase6.0 Language References)です。