• (ここの記述は不完全です。詳しい方がいらっしゃいましたら補完お願いします)

基本事項

  • Firebird1.5まではInterbase6.0と互換性があるため、Interbaseのコンポーネントを使用可能。Firebird2.0以降はFirebirdに対応したコンポーネントを使う必要がある。
  • UTF8のSQLSubtype値がInterBaseと異なる。(Firebird=4、InterBase=59)

FireDAC

  • XE3で追加。Enterprise版には標準添付。Professtional版には別途FireDAC Client/Server Add-On Packを購入することで追加可能。Firebird1.5以降をサポート。
  • XE4版(8.0.5)までは、過去バージョンのdelphiをサポートしていた為、インストーラを「/SHOWIDE」オプション付きで起動するとインストールするIDEを選択する事が出来たがXE5移行はインストーラが統合され指定バージョン専用となっている。
  • (詳細記述募集)

BDE

  • Enterprise(C/S)版以上が必要。SQL-LINKでINTERBASEを指定することでFirebird1.5まで接続可能。(ベンダー非推奨)
  • Dialect 3に未対応。
  • BDEは廃止予定

dbExpress

  • Delphi2010以降のEnterprise以上でFirebirdを正式サポート。それ以前のバージョンではInterbaseドライバを使用することで1.5までは接続可能(ベンダー非推奨)
  • (詳細記述募集)

IBObjects

  • Delphi5以降のProfessional以上(Enterprise不要)ですべてのFirebirdのバージョンに対応。
  • データアクセス用のコンポーネントだけでなく、独自のDBコントロールもある。
  • データアクセス用コンポには、Delphi付属のDBコントロール(TDBGridなど)と接続できるTIBO系と、独自コントロール(TIB_DBGridなど)接続用のTIB_系がある。同一プロジェクト内での混在は可能だが相互接続はできない。

FIBPlus

  • (詳細記述募集)

ODBC

  • (詳細記述募集)

IBX

  • (詳細記述募集)

Universal Data Access Components (UniDAC)

  • Firebird 1.x/2.x/3.xを含む、多くのデータベースに対応したDevart社のコンポーネント(有料)。
  • Delphi6/C++Builder6以降(Delphi8を除く)、Lazarus(Free Pascal 3.0)に対応。
  • Firebird 2のRETURNING節、EXECUTE BLOCK構文、Advanced Lockingに対応。
  • Firebird 3のBOOLEAN datatypeに対応。
  • Professional EditionはLinux, iOS, Androidアプリにも対応。
  • https://www.devart.com/unidac/

使用例

※注 以下のソースコードはUniDAC Professional Edition用であり、コンパイルおよび動作の確認はしていません。

type
  TForm1 = class(TForm)
    InterBaseUniProvider1: TInterBaseUniProvider;
    UniConnection1: TUniConnection;
    UniScript1: TUniScript;
    UniSQL1: TUniSQL;
  private
    function SampleData: Boolean;
  end;

function TForm1.SampleData: Boolean;
var
  SampleDbFile: string;
begin
  Result := False;

  SampleDbFile := 'C:\data\sample.fdb';

  UniConnection1.ProviderName := 'InterBase';
  UniConnection1.Server       := '127.0.0.1';  // fbembed.dll/fbclient.dll使用時は''(空)にすること
  UniConnection1.Username     := 'SYSDBA';
  UniConnection1.Password     := 'masterkey';
  UniConnection1.Database     := SampleDbFile;

  with UniConnection1.SpecificOptions do begin
    Clear;
    Add('CharLength=4'   ); // UTF8は4, UNICODE_FSSは3, CP943Cは2を指定
    Add('Charset=UTF8'   ); // UNICODE_FSS, CP943C
    Add('ClientLibrary=' ); // fbembed.dll, fbclient.dll
    Add('SQLDialect=3'   );
    Add('UseUnicode=True'); // True:フィールド長=文字数×CharLength(dtWideString/dtWideMemo)
  end;

  try
    // データベースファイル生成とテーブル生成
    UniScript1.Connection := UniConnection1;
    UniScript1.SQL.Clear;
    UniScript1.SQL.Add('CREATE DATABASE "' + SampleDbFile + '"');
  //UniScript1.SQL.Add('  DEFAULT CHARACTER SET UTF8');
  //UniScript1.SQL.Add('  PAGE_SIZE 8192');
    UniScript1.SQL.Add(';');
    UniScript1.SQL.Add('CREATE TABLE MYTABLE (');
    UniScript1.SQL.Add('  USER_CODE CHAR(3),');
    UniScript1.SQL.Add('  USER_NAME VARCHAR(50) CHARACTER SET UTF8');
    UniScript1.SQL.Add(');');
    UniScript1.NoPreconnect := True; // SQL実行前にデータベース接続をしない
    UniScript1.Execute;

    // データベースに接続
    UniConnection1.Connected := True;

    // データ追加
    UniSQL1.SQL.Clear;
    UniSQL1.SQL.Add('INSERT INTO MYTABLE');
    UniSQL1.SQL.Add('  (USER_CODE, USER_NAME)');
    UniSQL1.SQL.Add('VALUES');
    UniSQL1.SQL.Add('  (:P1, :P2)');
    UniSQL1.Params.ParamByName('P1').AsString := '001';
    UniSQL1.Params.ParamByName('P2').AsWideString := '鈴木花子';
    UniSQL1.Execute;

  except
    on E: Exception do begin
      UniConnection1.Connected := False;
      ShowMessage(E.Message);
      Exit;
    end;
  end;

  Result := True;
end;